かわいいよね。

キッズダンスもかわいいですね。一生懸命踊っているお子さんを見ているとなんだか顔がゆるんできませんか
しかし、キッズといいましても最近はテレビなどにもよく出てきますが、かなりのレベルでかわいいなんていっているレベルではありませんね。
タップやブループでのチア、またまたヒップホップなど多岐にわたり教室も開催されております。
最近の傾向なのでしょうか、子どもの習い事などへの投資は惜しまないという親が多くなってきたのと同時に、色々な教室も増えているのが理由でしょう。
沖縄なんかが有名なのでしょうか、小さい子どもからダンスにボーカルレッスンまでカバーした教室から芸能界への道も開かれているのでしょう。
確かに最近のデビューしている方の低年齢化もあるのでしょうが、結局は需要と供給のバランスが取れなくなってきたのかもしれませんね。
またこう言った年代のダンスの発表会やイベントも多数開催されその技を披露する場も増えてきているようです。
何事の教室もで同じでしょうが、子どもの教室ではその技を習うだけではなく人間関係や挨拶など一般的な教育も合わせて考えられているようです。

フラなど

社交ダンスやフラダンスなど最近の中高年にも人気のダンスも習いたいといった方も多いのではないでしょうか?
教室に行って習う方がいいのでしょうが、近場でなかなか開催されていない場合でも諦めないでください。動画を使った教室なんかもあるんですよ。
まずは社交ダンスですが、そうですね。あのShall we ダンス? が有名ですよね。芸能人でもTVでやってますので、少し身近に感じるかもしれません。
なんだかスタイルもインターナショナルスタイルとアメリカンスタイルと言われているものがあるようであるが、日本ではヨーロッパを中心にしたスタイルの
インターナショナルスタイルのようです。ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、チャチャチャ、サンバなど色々な踊りがありますね。
フラダンスについても少し書き上げておきますね。今少し調べてみたら、フラダンスっていうのは間違った使い方になるようですよ。
フラだけでダンスという意味も含まれているそうです。なんだか最近はなんでも短く単語を省略するのでその事かと思っていたのは筆者だけだろうか?
最近の映画でも話題になった常磐ハワイアンセンターで大々的に紹介されたフラですが、ご存知ハワイの伝統的なダンスですね。
ごめんなさい。また間違った使い方をしてしまいまし。フラにはダンス、演奏、詠唱、歌唱の全てが含まれていました。
フラを教えている教室も最近多く見受けられるようになりましたので、探してみてください。フラの教師をクムと呼ぶらしいので、今回は少し雑学も入りましたね???

LOCK

ブレイクダンスやロボットダンスなどストリートダンスを披露している若いグループをよく見かけますが、しかし、こうしてみると色々な技もあるんですね。
今回はロックダンスをピックアップします。
1970年代に誕生したダンスで、ロックとはLockであり鍵を意味している。 Rockなのかと思いましたよ。まさかヘビーメタルなどのヘッド・バンキングしまくるダンスではないですが。
あちゃ〜ちょっと話がそれてしまいましたが、つまり激しい動きから突然静止してポーズを取るスタイルからロックするダンスでロックダンスです。
ロックダンスの考案者はアメリカ人のドン・キャンベルで、流行していたダンスがあんまりうまくなかったために生み出されたそうです。
また、あの指を指すポーズは観客から笑われたたみに、指を指したのが始まりなんだそうな。
しかし、この指を指された観客はまさか私がこのロックダンスの決めポーズの発祥に立会いそして、私がいなければこのポーズが世に生み出されることがなかったなんて夢にも思わないだろう。

ダンスでもセクシーな部類

レゲエダンスやベリーダンスといったちょっとセクシーなダンスも最近の女性には人気があるようです。動画を検索してみてもかなりの数がアップされておりますね。

今回は若い女性に人気のこの辺のダンスをピックアップします。
まずはあのレゲエダンスから行ってみましょう。1960年代からジャマイカで発展したアフロカリビアンによる音楽のジャンルなんだって。
レゲエミュージシャンでやっぱり有名なのはボブ・マーレィになると思いますが、あの独特なリズムが何ともいえなく好きですが、
その音楽に乗せてちょっとセクシーな衣装でダンスをするのがレゲエダンスになりますが、踊りもちょっと官能的ですね。
ジャマイカのクラブで地元の女性たちから発祥したダンスといえるでしょう。
ベリーダンスも最近人気がありますね。あのアラブ文化圏での良く見る衣装を着て腰をうねうね動かしながら踊ってますね。
なんでもこのダンスでダイエットなんてことに成功した人もいるようですよ。腰の露出による緊張感もあるのでしょうが、楽しみながらダイエットできるならなおさらいいですね。
また、日本でこのダンスが放送されたり、取り上げられている記事では圧倒的に女性のダンスと捉えられているのですが、男性ダンサーも昔から存在し、今も活躍されているそうです。

ブレイクダンスやホップなど

ダンスの動画とネットで検索すると
最近は本当に便利になりましたね。
やはり動きのある物では動画で確認したほうがいいに決まってますよね。

ダンスブーム到来ですが、最近はレゲエダンス、ベリーダンスや
ヒップホップ、などのものから社交ダンスやフラダンスなどは
映画の影響からなのか中高年の人にも人気がありますね。

今回はブレイクダンスについて書いて行こうかな。
あのナイナイの岡村さんなんかも結構上手で、
テレビなんかでもたまに放送されておりますあれです。

ブレイクダンスとボッピングとをごちゃごちゃになっちゃってないでしょうか?
まずはポッピングでは主に体の各部位が別々の動きを取る様な踊り方をし、
ポップスタイル、アニメーション、ブガルー、ロボットダンスなどがこれに分類される。
一連の動作の中で一度静止して瞬間的に筋肉を収縮させ、音に合わせる。
日本語ではヒット→「打つ」、ポップ→「弾く」と表現されることが多い。

ビデオ・DVD・インターネット上の動画ファイル、
全てにおいて音声と画像がズレている可能性がある。
こと、このポップというダンススタイルに関しては0.05秒のズレでも
見た目の印象に大きく影響を与える。
他のジャンルと比べて音声と画像のズレの影響が非常に大きく、わかりやすい。
そのため、ビデオ・DVD・インターネット上の動画ファイルと、
実際にポッパーが踊っているところを直接見た時で印象が異なる場合がある。
上達のためには、実際にポッパーが踊っているところを直接見ることも大切である。
と上記の様に記載されていました。印象って難しいし、
また動画を見る時には注意したい点ですね。

ちょっと長くなっちゃったけどブレイクダンスについて
ニューヨークのサウスブロンクス地区のアフリカ系アメリカ人や
ラテンアメリカ人の若者達によって発展したストリートダンスのスタイルである。
また、ギャングが領土の抗争をまとめる為に銃撃戦の代わりブレイクダンスのバトルを用い、
発展に繋がったと言われている。
いまでもダンスバトルと言われるのはこのことからかも知れませんね。
また、エントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズといった4つの構成に
なっている。これらを高度なレベルで競いあっている。